トップ トートバッグ Rakko(ラッコ)チタン
Rakko(ラッコ)チタン
国産の6号帆布で制作したボディを、柿渋染めで製品染めしているトートバッグです。
形・作りはWolf Tote・CoyoteToteと同じですが、外ポケットがついてません。コンチョと編んだ鹿革の革ひもがついてるので口を留める事ができ、中にMunqaのポーチButterflyやお手持ちのキーホルダーなど付けることのできるリングがついています。(画像4枚目)
横長の浅い形が特徴で、とても可愛いバッグです。普段使いにも、ちょっとしたお出かけにもお使いいただけると思います。浅めのデザインですが、コンチョで留めることが出来ますし、容量もなかなか入るサイズです。ワインボトルが横にすっぽりと収まるサイズです。
柿渋染めは製品染めをしているので、アタリが出ていて(擦れた後など、色のムラがあります)始めから味が出ている、とても雰囲気の良いバッグです。使用して行く過程で、更に色味の変化・色落ちなどが期待できて、変化を楽しむ事の出来るバッグです。
留具のコンチョは、ナヴァホ族のワイルドネイションズのものを使用しています。
サイズはワンサイズです。カラーは柿渋染め・チタン媒染です。チタン媒染は、黄色系ブラウンのお色味になります。柿渋染めは自然の染め物ですので、一つと同じ色はありません。まさに一点ものと言えるバッグです。

帆布の柿渋染めについて 柿渋染めは、日本固有の文化であり、日本古来からの染料です。防水・防腐の効果を持ち丈夫になり、時間や使い方で色合いに変化が生まれ、色々な表情を見せてくれます。
使い込むほどに綿帆布独特の柔らかくしなやかな風合い色合いが出て、まるで革のような良い表情を見せてくれます。

柿渋染めの媒染について 柿渋は酸化することで発色していきます。時間の経過で少しずつ色が変化をしていきます。急速な変化を止める為・もしくは色合いを変化させる為に媒染という作業工程をします。媒染の種類により、色の変化・発色の違いがあり、チタン媒染は黄色系ブラウンに、銅媒染はブラウン(ココアのようなお色に近いです)、鉄媒染はグレー系ブラック とそれぞれカラーの違いがあります。
また、柿渋染めの濃さや媒染液の濃度・時間などの差で、色に濃淡の差がでます。

サイズ 横約44,5㎝、高さ約15㎝、マチ約14㎝、持ち手の長さ約28㎝(持ち手高さ約10㎝)
※手作業での採寸の為、多少の誤差がある場合がございます。

※商品画像につきましては、お客様のパソコンの環境、もしくは撮影時の照明によって商品の色や素材感が若干異なって見える場合がございますが、あらかじめご了承ください。

Rakko(ラッコ)チタン
型番 Rakko/T
定価 14,040円(内税)
販売価格

14,040円(内税)


pagetop